ビーツとジャガイモの冷製ポタージュスープ

カバノアナタケ茶専門 MIYOKIの1103店長です。
ビーツとジャガイモの冷製ポタージュ~きれいな色でテンション上がります。

【材料】4人前
・ビーツ 1/8個
・たまねぎ 1コ
・じゃがいも 2コ
・水700cc
・濃い出し樺茶140cc
・豆乳100cc

【だし】
・鶏ガラスープの素大さじ1
・いりこ2本
・昆布1枚

【調味料】
・塩
・こしょう
・酒

【トッピング】
・ヨーグルト
・人参 花形
・インゲン
・グリーンピース
・ハトムギ

【作り方】
1・ビーツを茹でる(缶詰でもOK)
2・たまねぎ、じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切る。
3・なべに豆乳以外の材料と、だしを入れ
沸騰したら中火昆布、イリコを取り出す。
4・鶏ガラスープの素を入れ 野菜が柔らかくなるまで煮る。
5・豆乳を加えひと煮立ちしたら、調味料で味を調え火を止める。
6・5荒熱取ってミキサーにかけなめらかにする。
7・常温に冷まし冷蔵庫に入れ冷やす。
8・ポタージュスープを器につぎいれ、トッピングしたら出来上がり。

★作り方でご案内した
樺茶について
樺茶は、白樺に寄生するキノコ「カバノアナタケ」をお茶として飲みやすく加工したもので、味に癖がないため煮出して飲んでよし!料理に使ってよし!の日常の食生活に馴染みやすい健康茶です。

※樺茶は当社商品名です。

【樺茶の特徴】
●天然原料100%
●ノンカフェイン
●農薬不使用
●保存料、添加物、着色料なし

樺茶の作り方は至って簡単!
★濃い出し樺茶はこちらのBをご参照ください。

★樺茶のきのこパワーは下図をご参照ください。

樺茶についてもっとお知りになりたい方はこちら

 

~健康は毎日の食事から~
カバノアナタケ茶専門
MIYOKI
天然白樺きのこカバノアナタケが好きすぎて
会社を創り、三心を胸に樺茶を作った
1103店長こと平川ひとみでした(^^)/

樺茶の作り方は3タイプ

カバノアナタケ茶専門 MIYOKIのカバ店長です。
★樺茶の作り方はライフスタイルに合わせABC3つのタイプが選べます。

A 基本的な煮出し
B 楽々濃い出し
C 簡単お手軽水出し
それぞれの詳しい作り方や特徴については下記を参照ください。

★3タイプ別作り方と特徴
Aタイプ
基本的な煮出し
やかんorなべに水2~4リットルを入れ2~3分煮出す。
お好みの濃さでお作りください。
長所:小さなお子様から高齢者までそのまま飲める。
スープやカレーを作る際お水の代わりにそのまま使える。
短所:大きな鍋かヤカンが必要です。お湯を沸かすのに多少時間がかかる。
※2世代・3世代同居大家族にオススメ

Bタイプ
楽々濃い出し
小さな鍋orやかんに水500mlを入れ2~3分濃く煮出す。
長所:小さな鍋ですぐに作れる。
すぐに沸き光熱費が節約できる。
水、お湯、お好みのドリンクや料理にチョイ足しすればOK!
多様な使い方が可能!便利で使いやすい。
キッチン、冷蔵庫の場所をとらない。
短所:特になし
※単身・少数世帯、にオススメ

Cタイプ
簡単お手軽水出し
ペットボトル等の空容器に、水とティーパック1個を入れ冷蔵庫にて1晩置く。
濃い場合は薄めて飲む。
長所:火も使わず手間いらず
短所:特になし
※時短したい方にオススメ

あなたはABCどのタイプの作り方にする?
それぞれに長所があります。ライフスタイルと相性のいい作り方で、長くご利用いただき、健やかな毎日をおすごしください。

天然カバノアナタケ100%樺茶について

樺茶はノンカフェイン・無農薬・添加物なしのキノコ茶です。
味にまったくクセがなくほぼ100%に近い確率で飲みやすい!と感想を頂いておます。

樺茶の原料は日本語でカバノアナタケ、ロシア語でチャーガと言います。またシベリア霊芝とも呼ばれています。

樺茶の原料カバノアナタケはキノコの仲間です。
キノコが健康にいい食材であることは皆さんもご存じのとおりです。

でもキノコ毎日食べられますか?
中にはキノコが苦手な方もいらっしゃることでしょう

しかし・・・

樺茶はキノコの姿なし、独特な匂いもなし
料理に使っても味の存在感はゼロ!のキノコです。

家族の健康を願い毎日の食事に気をつかっていても
好き嫌いが多いと思うようにいかないもの・・・
キノコ嫌いの方にも黙っていれば
キノコと気づかれることは全くありません。
そして尚且つキノコのいいとこ、しっかりGet

飲みやすいお茶ですが、料理との相性も良く
簡単に食生活に取り入れることが出来ます。

お茶として料理の水代わりとして、どちらにもご利用いただけます。
樺茶はコツコツコツコツ続けるのがコツ!健康ってありがたいね。