豚ヒレ肉の一皿・レシピ付

豚ヒレの美潤ティー煮にオリーブオイル&バルサミコ酢をかけ
黒コショウを振りフレッシュバジルリーフを添えて頂きます。

疲労回復と筋力アップを願い、運動後に食すことが多いです。

豚ヒレの美潤ティー煮レシピはこちらを参考にhttps://miyoki.co.jp/health/archives/category/bijuntea/bijuntea-recipe

豚ヒレを手で割きほぐしお皿に盛るだけです。
数本まとめて作り置きをし、ゆで汁ごとヒレを1本づつ
保存袋に入れ冷凍しておくと楽ちんです。
解凍は袋ごと流水で

マカロニサラダを作る際の具にもオススメ!

美潤ティーの豚ヒレ煮は
パーティーの一皿にもオススメです。

豚のヒレ肉を煮るのに使用する美潤ティーの購入はこちら

https://www.miyoki.co.jp/bijuntea/bijun-refresh.html

美潤ティーはすべて無農薬のもを使用し
なかでも抗酸化力が魅力の
「カバノアナタケ」をブレンドしたお茶です。

カバノアナタケの抗酸化パワーは以下の図をご参照ください。
美味しく、健やかに、美しく、生きる知恵として
賢くカバノアナタケの力を取り入れHappyに過ごしましょ♪

樺TOP3

特別な日の一品に♪豚ヒレのリフレッシュ美潤ティー茹で

簡単!しかもリーズナブル&ヘルシー
豚ヒレのリフレッシュ美潤ティー茹でのレシピご紹介。
2

【材料】
豚ヒレ肉
リフレッシュ美潤ティー
柑橘ジャム
柚子胡椒

【作り方】
豚ヒレをサッと水で洗う
鍋にヒレ肉と肉が被る量の水を入れる
火にかけ強火
リフレッシュ美潤ティーをティーパックに入れ鍋に入れる
※豚ヒレが被る水の量に合わせ1リットルくらいならティースプーン山2杯程度

40568617_1782924685116410_8177118823887929344_n2沸騰したら弱火にし灰汁を取る

40592136_1782924505116428_377874035905658880_n10分ほどで茹で上がり
40683855_1782924401783105_2393102038700392448_n2 火を止め余熱で火を通し
粗熱がとれたら保存袋に入れ空気を抜いて一晩冷蔵庫保存し
リフレッシュ美潤ティーの風味をしみこませる。

40593669_1782924935116385_6991929530633945088_n冷蔵庫で一週間ほど保存可能
切り分け、柑橘ジャムに柚子胡椒を添え皿に盛れば出来上がりです。
2リフレッシュ美潤ティーは下記サイトにて販売しています。
風味豊かなリフレッシュ美潤ティーと豚ヒレ肉は相性が良く
さらにジャムに柚子胡椒を添えることで幾重にも味が膨らみます。
バルサミコもいいですよ~♪是非お試しあれ(*^^)v

リフレッシュ美潤ティーは
白樺きのこ「カバノアナタケ」を配合した無農薬のブレンドティーです。

 

美潤ティーに配合の白樺きのこ「カバノアナタケ」は
樺TOP3

お買い求めはこちら
https://www.miyoki.co.jp/bijuntea/shopping.html

美潤ティーの詳しい内容はこちら
https://www.miyoki.co.jp/bijuntea/bijuntea.html

ナスの蒸しびたし作り方

夏~ナスのお浸しを作り置きし
冷やしておけば重宝!箸もすすみます。
36990015_1704830252925854_8216653396552187904_n2
【材料】
ナス・・・3本
めんつゆ・・・適量(ナスが浸かる程度)
ショウガすりおろし・・・適量(1片)
ごま油・・・大さじ1
ミョウガ・・・2個千切り
ネギ・・・小口切り適量

【作り方】
ナスの皮を間隔を置いて縦に切り除く。
7mm程度の厚さに輪切りする。
水に浸けてアク抜きをする。
耐熱容器に入れ電子レンジ600wで5分加熱。
しょうが、ミョウガ、ごま油を入れ
めんつゆを被る程度注ぎ入れ1時間置けば出来上がり。

ナスの特徴
清熱、むくみ
冷え性の方には向きません

7月のわいわいカフェランチにも
自家製麺つゆで登場します(*^-^*)
わいわいカフェで使用する麺つゆは
カバノアナタケ100%の樺茶で作ります。

※水の代わりに使いたい煮だし樺茶!
樺茶は無農薬ノンカフェインの天然カバノアナタケ100%のお茶です。
日焼けや夏バテで体力が落ちているときは食事に気を配り
しっかり睡眠をとって体調を崩さないよう気を付けたいものです。
カバノアナタケのキノコパワー、抗酸化パワーも見逃せません。
TVでも紹介され少しづつ注目されるようになりました。
毎日の食卓に樺茶~いつでもどこでもなんにでも(*^^*)
樺茶の詳細はこちら

つゆだくカブの煮物

昆布でしっかり出汁をとって
たっぷりお汁のカブの煮物を作りました。

味付けはお塩とお酒を少々のみ
ゆず胡椒をのっけて頂きます~♪

Kabu Kabacha

【材料】
かぶ・・・1個
塩、酒・・・少々(好み適量)
ゆず胡椒・・・好み適量
出し汁(水+根昆布)

【作り方】
●容器に水と根昆布を入れ一晩ほど置く
●かぶの皮をむく(すじが残らないように分厚く)
●かぶを櫛切りにし大きければ更に食べやすい大きさに切る
●鍋にかぶえを入れだし汁を被る位まで入れる。
●火にかけ沸騰したら弱火にし
 酒、塩で味を調え煮えたら火を止める
 ※かぶはすぐに火が通ります
●味が浸みるまで放置
●食べる直前に温め器に盛り
 好みでゆず胡椒を添えれば出来上がり

かぶを頂いたあとは
ごはんと海苔でおつゆごと頂き完食ヽ(^。^)ノ

かぶはお腹を温めてくれます。
また食べ過ぎなどで消化不良を起こしたときは
生で頂くのがいいです。

写真は、味付けが塩にも係わらず
まるでお醤油が入っているかのようですが
水の代わりに煮出した樺茶で出汁を取っているからです。

天然カバノアナタケ100%の樺茶を
多分、誰より食生活に樺茶を取り入れている
MIYOKIのかあちゃんです~~~(*^^)v

樺茶は見た目こそ茶色ですが
味に癖がないため、色んな食生活シーンでお使い頂けます。

かあちゃんが愛用して止まない樺茶
毎日を健康で楽しく過ごしている秘訣だったりします。

健康美人を目指して
今日も樺茶生活~~~(*^^)vかばかば♪

樺茶は白樺等の木に10年以上かけて
成長するキノコ天然カバノアナタケ100%
カバノアナタケはチャーガ、シベリア霊芝とも呼ばれています。